よくあるお問い合わせ【レーダー探知機】
みなさまからお寄せいただいたご質問等からよくあるものについて回答しております。
Q&Aにて解決できない場合はこちらまでお問い合わせください。

●コムテック製品の修理を依頼する前にご確認ください。
ご使用年数、部品の在庫等で修理対応ができない、部品の取り寄せができない商品がございます。
こちらからご確認ください《①点検対応製品の確認》

Q OBD2アダプタを使用してレーダー本体の電源が入らない。
   
A ①OBDⅡアダプターは車種別に適合があります。必ずOBDⅡアダプター車種別適合表で確認をお願い致します。
http://www.e-comtec.co.jp/taiou/set/obd.pdf
車両別にOBDⅡアダプターにはディップスイッチの設定が有ります。必ず適合表をご参照の上設定を行なってください。
②レーダー本体の電源端子を確実に奥まで差し込んでください。
Q 車両側の時速と、レーダー探知機の時速表示が違う
   
A 車両側の時速表示は、タイヤの回転数等で計測し表示しています。
実際のスピードより遅く表示することはできませんので、実際の速度より約5%から10%程度早く表示されます。
レーダー探知機側は、GPS受信後、0.2秒毎、0.5秒毎もしくは1秒毎などGPSと本機のデータ通信の時間の間の移動距離を時速に変換し表示しているため、差が出る場合があります。
Q WiFi接続が出来ない。
   
A ①接続される機器のネットワーク名に日本語が入る場合は正常に表示されず接続出来ない場合があります。
②非公開のアクセスポイントには接続出来ません。
③スマートフォンとの接続の場合、テザリング機能(オプション契約含む)が必要となります。
Q GPSが受信しない。
   
A ①車両側のノイズ等によってGPS受信に影響が出ている可能性が考えられます。
②電源配線からのノイズ等の侵入による影響も考えれます。
シガーソケットを増設するアダプター(3連ソケット等)の場合は配線の取り回し変更および、本機を電源を接続した状態にて、車外に出して頂き、GPSが受信できるかのご確認をお願い致します。
③熱反射ガラス等、電波を通しにくいガラスが使用されていることがあります。 カーディーラーなどで、電波を通すガラスかをご確認ください。 赤外線・紫外線はカットし電波は通すガラスであれば、ご使用可能です。
Q レーダー警報が鳴りっぱなしになるのですが?
   
A ①車両機器側のノイズ等によってレーダーが鳴りっぱなしになっている可能性が考えられます。また、電源配線からのノイズ等の侵入による影響も考えれます。 シガーソケットを増設するアダプター(3連ソケット等)の場合は配線の取り回し変更および、本機を電源を接続した状態にて、車外に出して頂き、レーダーの鳴りっぱなしが止まるかの御確認をお願い致します。
②症状が変わらない場合には、弊社サービスセンターにて修理対応させて頂きます。
Q 取締機が無い場所でも警報が鳴りっぱなしになる。
   
A ①周囲に取締りレーダー波と同じ周波数の電波を使用している機器があると、その電波を受信して警告動作を行う場合があります。
(コンビニの自動ドア・自動販売機など)
②レーダーキャンセル機能を搭載している機種であれば、自動ドアによる警報をキャンセルすることが可能です。
Q 道路脇にあるコンビニ等の自動ドア等に反応する事があるのですが?
   
A ①取締り等で使われるレーダー波と近い周波数帯の電波を使用している自動ドアであれば警報を行う可能性があります。
②レーダーキャンセル機能を搭載している機種であれば、自動ドアによる警報をキャンセルすることが可能です。
Q 本機付属のmicroSDカードを紛失してしまったのですが?
   
A お近くの販売店もしくは取扱店へお問い合わせ頂き、別途ご購入をお願い致します。
※弊社からの直接の販売は行なっておりません。
Q microSDカードをパソコンで初期化してしまい、レーダーが起動しなくなりました。
   
A カード内のSYSデータが消去されてしまっている為、起動しません。
Radar SD Creatorもしくは、ワンクリック DL App 更新アプリで再度レーダー専用のカードを作成頂く事が可能です。
※ご使用の機種をご確認の上対象ソフトにて作成してください。
http://www.e-comtec.co.jp/app/radar/radar_sd_creator/
http://www.e-comtec.co.jp/1click/
Q 最新版のGPSデーター(最新データ内容)日付けの確認はどこで見たらいいのですか?
   
A 弊社ホームページ内、最新GPSデータ更新情報でご確認願います。
最新更新データはこちらで確認してください。
Q オービスデータを最新のデータへ更新はできますか?
   
A 最新データへの更新サービスを行っています。詳しくは《最新GPSデータ更新情報》をご確認ください。
Q 公開取締情報をダウンロードしたが、表示されないんですが?
   
A 取締情報を開示していない警察署もありますので確認して下さい。
→公開取締情報対応都道府県の確認はこちら
Q 本機内に入っている現在のGPSデータの情報は、どこで確認したらいいのですか?
   
A 待機画面よりメインメニューを表示させ、SDカードもしくはUSB設定を選択後、現在のGPSデータの情報が表示されます。
本機に登録しているGPSデータの日付けを表示します。
※液晶画面のない機種では確認できません。
Q 外車・輸入車での使用は問題ないですか?
   
A ①12V車であれば基本的には取付け可能です。ただし、外車、日本車に関わらず断熱ガラス・熱吸収ガラス等の車はGPS受信ができなかったり、レーダー波受信感度が著しく低下する可能性があります。自動車ディーラ等でご確認ください。
②OBD2で接続の場合は車種別に適合があります。必ずOBDⅡアダプタ車種別適合表で確認をお願い致します。
http://www.e-comtec.co.jp/taiou/set/obd.pdf
Q OBD2アダプターを使用してレーダー探知機の本体電源が切れない事があるのですが?
   
A 社外品・純正OP等の電装品が接続がされている場合、電装品の電圧変化等の影響によってOBD2アダプター側でエンジン停止の信号を読み取れず、電源が切れない場合がございます。
エンジンを停止してもレーダー本体の電源が切れない場合には、一旦OBD2アダプターを自己診断カプラーよりコネクター抜いて頂き、再度差し直しをして頂くようお願い致します。
Q OBDⅡアダプターを使用した場合の消費電流はどれくらいですか?
   
A OBDⅡアダプター単体の待機時の消費電流は1mA以下となります。動作時は50mA±20mA以下となります。
レーダー本体の消費電流は、各機種の取扱説明書内製品仕様をご確認ください。
Q 液晶画面表示が真っ暗のままで、警報時のみ画面表示されるんですが?
   
A 機種により待機画面時に液晶画面の表示を消す設定があります。
詳細設定は各製品の取扱説明書をご参照ください。
Q microSDカードタイプで本機の無料ダウンロードGPSデータ更新が上手く出来ないんですが?
   
A ワンクリックDL Appでお試し下さい。
microSDカードが認識できない場合は、microSDカード内にsysフォルダーが入っているかご確認願います。もしsysフォルダーが存在しない場合は、弊社サービスセンターにて修理対応させて頂きます。
Q USBケーブル接続タイプで本機の無料ダウンロードGPSデータ更新が上手く出来ないんですが?
   
A 対応機種の、Q&A うまく更新ができない場合の欄を確認して下さい。
ドライバーのインストールがされていない場合があります。《接続先を探しています》から進まないお客様はドライバーの更新作業をパソコン上で行なってください
Q microSDカード内のsysデータを誤って削除してしまったが、sysデータの復元は可能ですか?
   
A バックアップされているお客様は、バックアップデータにて復元が可能ですが、バックアップデータがない方は、ワンクリックDL App のsysデータをダウンロードデータからSDカードへの書込みが可能となります。
SDカードをフォーマットして【sys】フォルダをダウンロードしてください。
Q 『みちびき』アイコンの表示が出ないのですが?
   
A 『みちびき』アイコンについてはGPS衛星による自車位置の測位に使用している場合にのみ表示を行います。 そのため、『みちびき』を受信していても他の衛星より受信レベルが低い場合など、自車位置の測位精度の向上が期待できない場合では『みちびき』アイコンは表示されません。
Q レーダー探知機本体の取付け位置に制限はありますか?
   
A メーカーによっては、フロントガラスやダッシュボード上に設置の禁止エリアがございます。またミラー型レーダー探知機もメーカー純正品以外のルームミラーは、取付け出来ない場合がございます。
取付け設置につきましては十分にご注意してください。詳しくは、各メーカーの取扱説明書をご参照ください。
Q 急にスピーカーの音が鳴らなくなってしまったのですが?
   
A 音量設定がミュートに設定されている可能性があります。
電源を再起動にて音の確認をお願いします。症状が変わらない場合には、弊社サービスセンターにて修理対応させて頂きます。
Q RadarPhone S02の電源を入れても液晶が点灯せずに電源が入らないのですが?
   
A 本製品の仕様上、はじめて使用する場合、または長期間使用していない場合、起動するまでに1~3分かかる場合があります。
電源スイッチをONにし、しばらくお待ち頂いてからご使用ください。
Q 本機の電源が入ったり、切れたりを繰り返すのですが?
   
A ①シガープラグの差し込み部分の接触不良が考えられますので、挿し込み部分の確認をお願いします。
②シガーソケットを増設するアダプター(3連ソケット等)をご使用の場合にも同様の症状が出る場合がありますので、アダプターを外し、直接シガーソケットへ差して頂き、症状が改善するかのご確認をお願いします。
③直接配線の場合、配線の接続上の問題が考えられますので電源の取付を確認してください。
Q 取付けステー、シガープラグコード等の部品だけの購入はできますか?
   
A 可能です。詳しくはお近くの販売店様でご確認ください。
Q 断熱ガラスの車に取付けられますか?
 
A  
断熱ガラスは、ガラスの中に金属粉が混ざっており、GPS受信・レーダー波受信の感度が著しく低下する可能性があります。
Q 道路脇にあるコンビニ等の自動ドア等に反応する事があるのですが?
 
A  
取締り等で使われるレーダー波と近い周波数帯の電波を使用している自動ドアであれば警報を行う可能性があります。レーダーキャンセル機能を搭載している機種であれば、自動ドアによる警報をキャンセルすることが可能です。
※詳しくは各製品の取扱説明書をご覧ください。
Q 車両側の時速と、レーダー探知機の時速表示が違う
 
A  
車両側の時速表示は、タイヤの回転数等で計測し表示させます。プラス実際のスピードより遅く表示することは出来ませんので、実際の速度より約5%から10%程度早く表示されます。レーダー探知機側は、GPS受信後、1秒毎など GPSと本機のデータ通信の時間の間の移動距離を時速に変換し表示させております。
Q 速度取締りの種類はどの様な種類がありますか?
 
A  
【レーダー式の取り締まり】
●ステルス式取締り方法(有人式取締り)
取締り対象の車が取締り機の近くに接近してから、レーダー波を発射する狙い撃ち的な取締り方式です。走行車両の先頭や、前方走行車との車間距離が極端に長い場合等に測定されるケースが多く、100m以下の至近距離でレーダー波を発射するため、受信できないことや警報が間に合わないことがあります。車列の先頭を走行する際は注意してください。


●レーダー式取締り方法(有人式取締り/オービス式取締り)
レーダー波を常時発射し、通過する車両の速度を測定します。また、オービス式の場合は、違反車両を自動的に写真撮影します。多くの取締り現場に採用しておりレーダー波も500m以上の距離から受信することができます。また、オービス式であれば、本製品に位置データが登録してある場合、最長2kmより警報を行います。


●新Hシステム式取締り方法(オービス式取締り)
レーダー波を間欠発射し、通過する車両の速度を測定し違反車両の写真撮影を自動で行い、警察本部の大型コンピュータへ専用回線で転送されます。レーダー波も500m前後で受信します。また、本製品に位置データが登録してある場合、最長2kmより警報を行います。


●移動オービス式/パトカー車載式取締り方法
ワンボックス車の後部にレーダー式オービスを搭載し、違反車両を取締る移動オービスとパトカーの赤色灯を改良して取締り機を搭載したパトカー車載式があります。どちらも出力の強いレーダー波を発射しますので、500m以上の距離から受信することができます。


●ダブルオービス式取締り方法
固定式オービスの先に移動式オービスを設置することで、固定式オービス通過後に速度を上げる車両をねらい撃ちする二重オービスの呼称です。

【レーダー式以外の取締り】
●ループコイル式取締り方法(オービス式取締り)
測定区間の始めと終わりに磁気スイッチ(金属センサー)を路面下、中央分離帯等に埋め込み、通過時間から速度を算出し、違反車両の写真を撮影します。本製品に位置データが登録してある場合、最長2kmより警報を行います。

●LHシステム式取締り方法(オービス式取締り)
速度計測部がループコイル方式で、違反車両の写真撮影がHシステム方式の取締り機です。従来のレーダー探知機では警報ができませんでした。本製品では位置データが登録してある場合、最長2kmより警報を行います。


●光電管式取締り方法(有人式取締り)
2点間に置かれたセンサーの通過時間から速度を算出し、違反車両を特定します。

●追尾式取締り方法
パトカー・覆面パトカー・白バイ等が、一定の車両間隔を保った状態で後方を追尾し、走行速度を測定し記録します。


●NHシステム式取締まり方法
通過車両を一定のシャッタースピードで撮影し、写真画像の残像をコンピュータで解析し残像の度合いによって走行速度を割出すシステムです。現在は車両識別用監視カメラとして稼動していますが、将来的には取締りに使用される可能性があります。
Q 《Xバンド》とは何ですか?
 
A  
現在行われているレーダー式取締り機の周波数(10.525GHz)です。ステルス式取締り、Hシステムにも使用しており、このXバンドの電波を受信し警報を行います。
Q 《Kバンド》とは何ですか?
 
A  
近来取締り機への導入を予定されている周波数(24.200GHz)です。現在は使用されていませんが、将来的に導入される事を想定し、Kバンドの電波を受信し警報を行います。
Q 《カーロケ(カーロケ-タシステム)》とは何ですか?
 
A  
《無線自動車動態表示システム》といい、緊急車両に装備されたGPS受信機より算出した位置データーを無線で定期的(間欠)に車両管理センターへ送信するシステムです。緊急車両からの電波を受信し警報を行います。
※一部地域又は、一部車両に装備されていない場合もあります。
Q 《デジタル無線》とは何ですか?
 
A  
各警察本部と緊急車両等とが交信を行う無線で、通話内容がデジタル化されており通話内容を聞くことはできませんが159MHz~160MHz帯で約53chの電波を受信し警報を行います。
Q 《取締り連絡用無線(350.1MHz)》とは何ですか?
 
A  
速度違反取締りやシートベルト装着取締りで使用される連絡用無線(350.1MHz)です。一部では通話内容がデジタル化されており通話内容を聞くことはできませんが電波を受信し警報を行います。
Q 《署活系無線》とは何ですか?
 
A  
パトロール中の警察官が警察本部や他の警察官と交信を行う無線で、主に事件・事故の情報収集、取締り等に使われており、約134chの電波を受信し警報を行います。
Q 《ヘリテレ無線》とは何ですか?
 
A  
《ヘリコプター画像伝送システム連絡無線》といい、警察所属のヘリコプターから無線中継所に送信される無線通信のことです。ヘリコプターから無線中継所間の電波を受信し警報を行います。
Q 《JH無線》とは何ですか?
 
A  
JH(日本道路公団)が使用している業務連絡用無線です。主に渋滞や工事・事故情報等でパトロール車両と本部との連絡に使用している383MHz帯の4chを受信しお知らせします。
Q 《WIDE無線(ワイド)》とは何ですか?
 
A  
警察専用の自動車携帯電話システム(Wireless Integrated Digital Equipment)の事。 移動警察電話(移動警電)ともいいます。県の管轄をまたいで通信する時に使用する336MHz~338MHz帯の電波を受信し警報を行います。
Q 《Nシステム》とは何ですか?
 
A  
《自動ナンバー読取装置》の略称。刑事局の管轄であり、主に犯罪捜査に役立てるのが目的とされています。現在、Nシステムでの速度違反取締りは行われていません。
Q 《NHシステム》とは何ですか?
 
A  
交通情報を確認するカメラとして使用されていますが、通過車両を一定のシャッタースピードで撮影し、写真の残像をコンピューター解析し走行速度を測定する事が可能と言われています。現在、NHシステムでの速度違反取締りは行われていません。

お問い合わせはこちら