COMTEC TOPページ ×閉じる
ドライブレコーダー専用 ファームウェアアップデートページ
対応機種:HDR-351H / HDR-352GH / HDR-352GHP
本ページのファームウェアでアップデートすることにより、対応ドライブレコーダーを最新の状態に更新することができます。
※ファームウェアの更新を行うと、本体の設定情報が初期化されます。設定を変更されていた方は、更新後再度設定を行なってください。
※レーダー探知機と相互通信接続を行い使用している方は、製品付属シガープラグコードなどの電源コードで接続の上、更新を行なってください。

◆ファームウェア更新内容

◆ファームウェア更新の前に必ずお読みください。 ◆必要なもの
ファームウェアアップデート手順
1. 下記にある 《上記 「◇使用許諾契約」 に同意してデータをダウンロードします》をクリックしてデータをダウンロードします。
 

※ダウンロードファイルを解凍できない場合は解凍ソフトをご利用ください。
--- 解凍ソフトはこちら ---
※ファイルを右クリックし、[すべて展開]を選択することで解凍することもできます。

  --- ◇使用許諾契約 ---


上記 「◇使用許諾契約」 に同意してデータをダウンロードします

ファイル名:「hdr-351h_352gh.zip」/Ver.1.0.1
   
>>>
2. 解凍した【hdr-351h_352gh_update】フォルダの中に、【hdr-352gh.bin】というファイルがあることを確認します。
※ファイル名が【hdr-352gh.bin】となっていますが、HDR-351H/HDR-352GH/HDR-352GHPすべてファイルは共通です。
 
   
>>>
3. 電源OFFの状態のドライブレコーダーからmicroSDHCカードを抜きパソコンに接続します。
※パソコンにmicroSDHCカードの差込口がない場合は別途カードリーダーが必要になります。
 
   
>>>
4. パソコンでmicroSDHCカードを開き、ダウンロードした『hdr-352gh.bin』というファイルを、microSDHCカード内に移動またはコピーします。
 
   
>>>
5. データを入れたmicroSDHCカードを電源OFFの状態の本体へ差込みます
①【OK】スイッチを押したまま、車両のエンジンを始動して本体の電源をONにします。
②更新中の画面が表示されたら【OK】スイッチを離してください。
③「更新が完了しました。」が表示されたら、いずれかのスイッチを押して再起動します。正常に起動すれば更新は完了です。
※更新中にmicroSDHCカードを抜いたり、電源を切ると、製品が破損するため絶対に行わないでください。
 
   
①【OK】スイッチを押したまま電源ON ②更新中画面
   
③終了画面    
   
▲最初に戻る
Q&A
Q. 更新に失敗しました。の画面が表示されてしまう
再度本ページよりデータのダウンロードを行い、ファームウェアの更新を行なってください。
Q. 更新中にmicroSDHCカードを抜いたり、電源を切ってしまい、正常に起動しなくなった。
製品の破損が考えられます。弊社サービスセンターまで製品をお送りください。
※保証対象外となります。あらかじめご了承ください。
Q. 本体にmicroSDHCカードを挿入してもアップデートが始まらない。
【OK】スイッチを押しながら、電源を入れてください。
Q. 本体のバージョンを確認したい。
本体の設定メニュー内、【Ver情報】で確認することができます。
Q. 更新後に本体を起動したら、一定時間経過後に液晶表示が消えた。
ファームウェアの更新を行うと、本体の設定が初期化されます。再度【液晶表示設定】を行なってください。
※【液晶表示設定】の初期設定は[速度連動](HDR-352GH/HDR-352GHP)または[30秒](HDR-351H)になっています。
  ▲最初に戻る